Miracles Happen

~最高の人生を送る方法~

お金持ちおじさんと私~やっぱり大切なのは「ある」方を見る!~

こんにちは!

 

実は私、お金の引き寄せに関してはちょっと苦手意識があるんです。笑

 

今現在進行形で、お金への自分のマインドを見直し中でございます。

 

しかし、私の身近にはお金持ちな人が結構います。

先天性お金持ちの人も後天性お金持ちの人も。

 

先天性お金持ちはほんとにお金を空気レベルで扱っています。

後天性お金持ちも空気レベルで扱っていますが、やはり失わないようにするためのリスクヘッジもものすごいしています。(あと絶対昔の貧乏時代に戻らないように自分を奮い立たせる力がすごいです。)

 

このたくさんのお金持ちさんたちの中で、一人私の独身時代の飲み仲間で、

私が恋愛相談に乗る代わりにお金の話をしてくれていたおじさんがいます。

 

彼は、40代、会社経営者。

親の代からの会社なので、先天性お金持ちですが、家業を継いでいるため、

会社のお金の扱いは丁寧で慎重です。

一方で、自分のお小遣いに関しては、丁寧ですが大胆!

そして、実はバツ1。

でも元奥様以外の女性には見向きもしない一途なお金持ちショウネンです。

 

そんな彼とのLINEで、私はちょっとずつお金持ちのマインドがわかるようになりました。

そこで、そのお金持ちマインドをシェアできたらなと思い、彼とのLINEを紹介しようかなと思います(^_-)-☆

(本人から許可取ってありますが、身バレ防止のためリライトしてます。)

 

 

それでは、はじまりはじまり。。。

 

 

私 「なぁなぁ、おじぃ(実際こう呼んでます笑)と私のお金に対する考え方の違いってなに?」

 

 

おじぃ 「なんやねん急に。笑 」

 

 

私 「いや、お金をめちゃくちゃ持ってる人と、一般ピーポーの違いってお金に対する考え方の違いなんじゃないかと思って最近研究してんねん。」

 

 

おじぃ 「その熱心な研究心は素晴らしいと思うし、その研究成果でお前さんが言うめちゃくちゃお金持ってる人になれるか見てみたいから協力したるわ。」

 

 

私 「やったーー!!」

 

 

おじぃ 「で、ayaは何が違うと思うん。」

 

 

私 「1つ思うのは、お金持ちはお金はあって当たり前の感覚、一般ピーポーは使ったら減ってしまうみたいな感覚があるんかなって。」

 

 

おじぃ 「俺はあって当たり前とか思ってないけどなぁ。むしろ、当たり前じゃないから常により収入が増える方法を模索している。使ったら減るし。ayaと一緒やで。」

 

 

私 「え…( ;∀;)」

 

 

おじぃ 「俺が思う違い言ってみていい?」

 

 

私 「ぜひとも聞きたいっす!」

 

 

おじぃ 「収入は簡単に得られると思ってるかもしれん。」

 

 

私 「ほぉーー!なるほどな!私最近はそうでもないけど、前はめっちゃ働かなお金ってもらえへんもんやと思ってたわ。」

 

 

おじぃ 「んー。正確にはめっちゃ働かなお金はもらえへんねんけどな。」

 

 

私 「え、なにそれどうゆうこと。笑」

 

 

おじぃ 「ayaがというより、経済状況がカツカツな人と潤ってる人はな、お金を扱う側か、お金に振り回される側かってだけな気がするねん。

俺もめっちゃ仕事してるねん。でも、俺はお金を稼ぐために仕事してるんじゃないねん。俺はお金をどうすれば生み出せるか、どうすれば増やせるか、会社をどうすればよくできるか、後世に残せるかを考えるのが仕事やん。」

 

 

私 「うむ。いかに増やすかか。でもそれ私も考えてるんやけど、一応…」

 

 

おじぃ 「なんやろなぁ、難しいなぁ。笑 ayaは ”仕事する→お金が入る” やろ?俺は "お金はそもそもあって、もっと増やすために必要なことをやる” って感じか?笑 なんせ、俺はお金増やすの好きやからお金のためにしんどいことしてる感じがないんよな。」

 

 

私 「だからそれやん!お金はそもそもあって…ってことはお金はあって当たり前やんか!」

 

 

おじぃ 「いや、当たり前じゃない。ayaの言いたいことはわかる。でも、なくなる可能性だってあるからゼロにならないように丁寧に扱ってんねん。

 

 

私 「んー、おじぃの言いたいこともわかる。おじぃも当たり前ではないねんな。でも、ゼロには絶対ならへんのよね。そういう意味で、お金が手元にあって当たり前というか。」

 

 

おじぃ 「俺ちょっとわかったぞ。お前、お菓子買ったらちょっとずつ食べへんと一袋全部食べてまうタイプやろ。」

 

 

私 「グッサリグサグサ、大正解。お金もあったら使ってしまう。

 

 

おじぃ 「あれやな、潤ってる人の方がお金大事にしてるかもしれんな。」

 

 

私 「というより、今気づいたけど、潤ってる人よりカツカツな人の方が ”お金はあって当たり前” なのかも…」

 

 

おじぃ 「はぁはぁ、そういうことやな!ゼロになるまで使うということは、また入ってくるってわかってるからやもんな。」

 

 

私 「お菓子はなくなっても買える。お金も働けばもらえる、みたいな。」

 

 

おじぃ 「働けば、かぁ。それをやめてみたら?」

 

 

私 「え、働かんでももらえる?」

 

 

おじぃ 「あほか。そんな甘っちょろい、オカンやったら悪口言うても許してくれるやろ、みたいな感覚でお金に対してナメとったらそらお金入らんわ。

 

 

私 「ガビーン。でも、それなんか腑に落ちた。この世界にお金はあるし、お金は一応入ってくるんやっていう感覚が、オカンはいて当たり前感覚に似てる。」

 

 

おじぃ 「俺が言うてるんは、ゼロになったらまた作ればいいやん、みたいな感覚をやめなよってこと。お金はゼロにはしたらあかんと思って丁寧に使えってことよ。」

 

 

私 「なんで使い切ろうとしてしまうんやろか。」

 

 

おじぃ 「満たされてへんからやろ。お前よく俺に言うやん!相手で心の隙間埋めるなとか、満たすんは自分自身やでとか。ayaはお金で満たそうとしてんちゃうん。

 

 

私 「してるわー。絶対そうやわー。でもお金ってほんならなによ。何に使うのよ。笑」

 

 

おじぃ 「使わんのちゃう。笑 俺使わんわ。笑 俺今思ったけど、お金を生み出すことにしかお金使ってないわ。」

 

 

私 「何それーー!!!笑」

 

 

おじぃ 「ayaの自分満たすのと紙一重やけどさ、俺がよく使うのってタクシー代と飲みゅニケーション(接待、従業員の気分転換等含む)、あと取引先の人に良い印象を与えるための美容代と衣類装飾品やねんな。」

 

 

私 「そういえば、おじぃ維持費かかるからって基本公共交通機関&タクシー使用やもんな。笑 お金持ってるのに高級車とか買わんよな。あ、でも旅行も行くやん。」

 

 

おじぃ 「それは俺の気分転換やん。俺がオンオフ切り替えてリラックスするから、新たにお金を生み出し、会社を良くする案が出てくるんやんか。従業員に優しくもなれるしな。」

 

 

私 「なるほど。おじぃは全てがお金を生み出すことが軸なんや。お金を使うことさえも。」

 

 

おじぃ 「そうやな!あと例外はプレゼントとか人に出す時やな。それはお金作り関係ないかな。」

 

 

私 「おじぃはお金の無駄遣いがないな。」

 

 

おじぃ 「無駄遣いってなに!笑 お金を無駄に使うこととかあるん。笑」

 

 

私 「え!!!その発言がびっくりやわ。『無駄遣いはやめましょう』とかよく書いてあるやん、雑誌の節約コーナーとかに。笑」

 

 

おじぃ 「読まへんからわからんわ。笑 それよりお前、お金無駄に使ってるなら今すぐやめろそんなこと。笑 

価値あることというか自分が満足する使い方してたらお金って手元に残るし新たなお金生み出すと思うよ。」

 

 

私 「なんやろ、私の『無駄遣いをやめて節約してお金を残そう』と一緒で、おじぃも『無駄遣いせずにお金を残してる』のに、その根元のお金への意識というか考え方がやっぱ違う。」

 

 

おじぃ 「そうやな!俺もayaの話聞いてわかってきたわ。おもろいぞ!

なぁ、とりあえずayaはもうちょっとお金を大事にしてみたら?なんていうか、『使い切らへんように』とか、『節約しなきゃ』とかじゃなくて、『いい使い方しよう』ってさ。」

 

 

私 「うん、そうだよね。お金をいい使い方してたらさ、お金の価値があがるから、自然と価値のあるお金を持ってることになるよね。何かわからない、ただ使って消えていくだけのお金じゃなくてさ。」

 

 

おじぃ 「おう!ええこと言うやん。そうやって普通のお金を価値あるお金にしてあげたらお金も喜ぶんちゃうか。人間もそうやもんな。『ええやつやなぁ、かっこいいよなぁ!尊敬するわ』って褒めたら喜ぶもんな。」

 

 

私 「うんうん、なんか…うん、それだ!!よし、まずは『いい使い方』しよう。」

 

 

おじぃ 「うん、そういえばaya前に借金返した時(実は過去色々ありリボ地獄だった時期があります)も俺と今みたいな話して頑張ってなかった?」

 

 

私 「そう!そうやねん!あの時は自分が納得するお金の使い方しようと思って、半年に1回の美容院を月1にして、買う服もセール品から定価で買ったり、最低5000円以上の物になったんよ。なのにお金返せたし、貯金まで始められた。」

 

 

おじぃ 「その時の感覚を思い出そう。」

 

 

私 「ただ問題は、あの時は一人やったけど、今はお金使う人がもう一人同じ家計内からいるってことやねんな。私が使わなくても、向こうが使ったら支出は起こるやん。」

 

 

おじぃ 「うーん。ayaはちょっと出ていくお金を意識しすぎかな。またそれ、節約したいのにできひん…みたいな感覚やろ?今はayaが『いいお金の使い方してみよう』って話やん。パートナーの支出は、パートナーが生きるために必要なことやん。価値ありやん。それでよくない?それに、ayaがちゃんとそういう使い方したら、パートナーもそうなるよ。」

 

 

私 「おじぃってあれよな、ナチュラルにスピリチュアルなこと言うよな。スピリチュアル信じひんのに。」

 

 

おじぃ 「信じひんわけじゃないで。笑 じいさんの形見の品を持ってた方が商談はうまくいくし。笑 ただ、よくayaが言うてるように、俺は俺。嫁さんのことになったらブレる時はあるけど、それでも俺は俺。俺のお金。俺の人生。」

 

 

私 「素晴らしいな。」

 

 

おじぃ 「よし、とりあえず今月の宿題な。『いいお金の使い方をする』『出ていくお金ではなく入ってくるお金を見る』

お前のよく言うやつやこれも。『ないもの見てもあかん。欲しい未来を見よ』ってやつやん。」

 

 

私 「よーし!頑張る!んで、『欲しい未来を見る、欲しい方を見る』これも大事やん。てか、恋愛もお金もやること一緒か。わかってるようで、なんか別に考えてたわ。」

 

 

おじぃ 「ayaはちなみにいくら欲しいん?」

 

 

私 「え?」

 

 

おじぃ 「今の世帯収入プラスいくら欲しいん」

 

 

私 「15万」

 

 

おじぃ 「それお前普通にayaが仕事始めたら手に入るやん笑」

 

 

私 「わかってるけど、子供たちがもうちょい大きくなるまでは家におりたいねん。」

 

 

おじぃ 「なるほどな!それはええ考えや。ほな、これからどんだけお金が出て行こうが見るのはその15万やで」

 

 

私 「オン!なんかやる気わいてきた!」

 

 

おじぃ 「よし!いけ!この宿題が習慣づいたら、1個教えたいことあんねんけどな。いや、2個かな。でも順序があんねん。やから、お楽しみにやな。」

 

 

私 「え、めっちゃ気になるけどとりあえず宿題頑張るわ!」

 

 

おじぃ 「おう、報告待ってるぜ、あでぃおす!」

 

 

 

そんなこんなで、現在ひたすら「いいお金の使い方をする」「入ってくるお金を見る」を実践中です。

 

そして実践しながら気づきました。

なんというか、いいお金の使い方かどうかを決めるのって自分なんですよね。

チョコを衝動買いしても、それが自分の気持ち高めたからOK!なら「いいお金の使い方」なんです。

だから、変に「これはいいお金か?」と意識するというよりも、

自分は「いいお金の使い方をしている!」と決めていつも通りにしています。

 

そして、これはやっぱり現実無視になるので、なかなか難しい!!

「入ってくるお金」だけにフォーカスして、これから出ていくかもしれない「予定支出」は不安になるだけなので見ないようにしつつも、やはりお金を置いとかなくちゃ…とめちゃくちゃ現実に振り回されそうな時もあります。

 

それでも頑張って「入ってくるお金」だけにフォーカスしてる日々です。

 

でも、気持ちはとても楽です。

そして、お金を使うことが楽しくなるというか、お金を使うことに胸を張れるようになってきました。

 

お金に不安がある方は、おじぃの宿題、一緒にやってみてくださいね(*´ω`*)

 

 

 

それではみなさま、Viel Spass!!

 

 

 

 

 

 

自分をもっと知ろう

みなさんコンニチハ♪

 

先日ツイッターで突然フォロワーさんが一気に増えてびっくり&大変喜んでおります。

このブログを最近読み始めたよ!という方もいらっしゃるかもですね!

 

このブログが、潜在意識を活用中のどなたかのヒントになれば嬉しいです(*´ω`*)

 

今日は、潜在意識を活用するにあたって、「自分」のことを考えてみよう!

という内容です。

 

 

 

自分の事、どれくらい知ってる?

 

例えば、恋愛でラブラブイメージングをする時、

相手からどんな言葉をかけてもらうか、どんな態度で接してもらうか

がいまいちイメージしにくい、ということはないでしょうか?

 

これって要は、自分で自分が求めていることをよく理解できていないんですね。

 

もちろん、その時の状況や体調などで求めるものは変わるかもしれません。

でも、自分がどういう風に人から接してもらえれば満足するのか、ということを知っておくのってとても大事だと思います。

 

自分が求めていることがよくわかっていないのに、漠然と「幸せになる」とか「満たされる」を願っても、起きた出来事が幸せなのか満たしてくれるものなのか判断しにくいからです。

 

そして、恋愛や親子関係、職場の人間関係など、対人の願いがある人は、

 

自分がどういう時にネガティブな発言を人にしてしまうか、

どういう時に周りの人に穏やかに接することができるか、

 

など、自分がどんな感情でどんな行動に出るか、ということもよく理解しておくことをおすすめします。

 

だって、相手=自分ですから(*´з`)

 

相手がとてもキツイことを投げかけてきても、

自分ならどんな時に人にきつく当たってしまうかを知っていれば、

相手が今どういう状況かわかってあげることができますよね。

 

激おこでめっちゃ罵ってきた上司も、

若かりし頃はめっちゃおおらかで優しい大学生だったのに、最近飲み会続きでカルシウム不足で、「優しいところが好きよ」と言ってくれていた奥さんに、家で毎日嫌味言われててだんだん萎縮して自信をなくし、部下のことも褒めて育てなきゃと焦りながらも、最近褒められてないからどうやって褒めていいかわからず、つい怒ってしまってホントはトイレでひとりこっそり泣いてるかもしれないわけです(長)。

 

そうすれば一見ネガティブなことも、全然なんでもない出来事。

 

自分をよく知ることで、

①現実化した物事を受け取りやすい

②対人の場合、相手の態度を善悪判断する前に相手を思いやることができる

 

というメリットがあります。

 

この、「自分が本当に求めていること」と「自分はどういう人間なのか」ということを知るため、それぞれもうちょっと掘り下げてみますね。

 

 

願望の本音と建前

 

まずは、自分が本当に求めていることを知りましょう。

 

「えーっと、めっちゃお金が欲しいです。」

 

ほう、なぜそんなにお金が必要なんでしょうかね。

 

「そりゃ、お金ある方が豊かになるでしょ?人生が」

 

じゃあお金がたくさんあって、海外旅行でも、お酒浴びるほど飲んでるでも、好きな家具買い放題でも楽しんでるイメージをしてくださいまし。

 

「それがなんかイマイチできなくて。実際そんなに大金持ったことないのでイメージしにくいというか…イメージングしなくても別に大丈夫ですよね?」

 

なんかイマイチイメージできないのは、「めっちゃお金欲しい」は建前で、「本当に求めている願望」が隠れているからです。

大金もったことないからわかんないっす…じゃないっす。

 

この「お金がたくさん欲しい!」という一見まぁ普通の願望の影には、

 

・友達に自慢したい!羨ましがられたい!

・自分を見下してた子に、あの子一体何があったの?!って思わせたい。

・おばあちゃんに何か恩返しがしたいだけなんだ…(ええ奴)

・経済的に潤っていれば、何やってても親も文句言わないでしょ!

・とにかくローン地獄抜け出したいっす…

 

などなど、いろんな願望があると思います。

その「お金が欲しい」建前に隠れた本音のところをもう少しわかってあげて欲しいのです。

 

例えば、親が何の文句もなく、「好きなことやりなさいよ、一度きりの人生なんだから、お金なんてなんとかなるよ」って言ってくれちゃえば、お金お金お金!となってた呪縛から解かれるかもしれないんですよ。

 

でもね、建前の願望は「お金欲しい!」だから、お金が手に入ったわけではないから何も叶っちゃいない。

だから、本音願望の「親の呪縛から逃れたい!」は解決できたのに、

そのことは見えていなくて、「よく言うわ!いつも一人前に稼げるようになれって言ってたくせに!何急に言う事変わってんねん!だから嫌やねん!」と叶ったことを見逃します。

 

もったいないでしょ?( ;∀;)

 

 本当に求めていることを探るために、意識してみてほしいことが2点あります☆

 

 

1.内容はヘビーでもOK!自分が満たされるかが重要

 

私は恋愛すると、ぶっちゃけ「彼から毎日連絡来る」みたいなかわいらしいアクションじゃ全然満たされません。笑

(欲しがりか)

 

もう私のことを考えたら胸アツで、悶えて手が震えて、5分返事こないだけで仕事手に付かないくらい夢中になってくれて初めて満足します。

 

だから、推し芸能人イメージングも、

抱きしめられて耳元で「愛してる」なんて生半可なもんじゃ無理で、

同じ職場で彼が何度もこっちを見てて、携帯も何度もポケットから出し入れしてて、

家帰って私のこと考えて頭抱えてため息ついて、

私が会った時に「どうしたの?元気ない?」って頭なでたら、

泣きそうな顔で抱きしめてきて「離れたくない、どこにもいかないで」って

つぶやく…(妄想すみません笑)

 

くらい、ヘビーな方がしやすいのです。(書いてるだけでニヤケれたわ)

 

一般的な彼と手を繋いであったかいフワフワラブラブイメージは、

まずガッツリ溺愛されて、満たされてからでもいいんです。 

 

だから、まだ現実に彼とお付き合いはなくて、なんか連絡もあまり来なくて…ウジウジという時に、「いーや大丈夫だ!彼と結婚する!」と決めるより、

もう「彼は私のこと四六時中考えて、鬼電かけてきて着信が彼で埋まるんだ!」と決めた方が気持ちが落ち着くなら、それからでいいんです。

 

自分がどうすれば満たされるのか、

どこまでがあれば安心できるのか。

そこを知っておくことが重要です。

 

2.ブロックの中にヒントがあるかも?

 

例えば、周囲に反対されている相手と結婚したいと思っているとしますね。

 

そんなん、別にいい大人なんだし、反対を押し切って結婚すればええやん。

(U20の方は置いといて)

 

いやいやいや、そりゃわかってるけども!!

反対を押し切って結婚できるなら悩んでないですよね。笑

 

ということは、ただその相手と結婚したいわけじゃないんです。

きちんと周りに祝福されて結婚したい。

 

相手と結婚がしたいだけではなく、

自分のやることを周りに認めてもらいたい、応援してもらいたい…という別の願望も隠れているんですね。

 

願望を抱いた時に、頭が考え出す「叶わないかもしれない理由」

いわゆるブロック。

 

この場合、「周囲が反対する恐れ」ですが、このブロックに、

叶えたい「自分のやることを周りに認めてもらいたい」という本音願望が隠れているということです。

 

私の結婚へのブロックで考えてみましょうか。

独身アラサーだった私の結婚へのブロックは以下の通りです。

 

・料理が苦手

・正社員じゃない

・そもそも好きな人と相思相愛の果てに結婚とかメルヘンすぎ

(もっと現実的じゃなきゃ)

・うちの母親とうまくやってくれる人なんているのかな

・アラサー実家暮らしってどうよ?

などなど。

 

でもこれ、

・料理ができる子になりたい

・正社員で働きたい

・夢見がちなだけじゃなくて現実的にも物事を考えられるようになりたい

・母親と仲良くしてほしい

・一人暮らしがしたい

 

全部「~たい」に変換すると、なんか気持ちがスッキリしません?(私だけ?笑)

 

この、本当は「したい」本音の願望と、建前の「結婚がしたい」願望を

「これらができなきゃ結婚できない」と結びつけてガッチャンコするから、

どっちも叶えられずひたすらモヤモヤループに突入するんですよね(;´Д`)

 

なら叶えてあげればいいんです、どっちも。

この「したい」たちも、「結婚したい」も。

 

どっちも叶えるっつったって私にはタイムリミットがあるんじゃい!

 

そりゃそうだ。

人生はタイムリミットがあるから面白い。

(いや、そんなこと言っとる場合か。)

 

別になんかしろって言ってないさ。

 

「〇〇しなきゃ××できない」を「〇〇したーい」「××したーい」と願望を分けてそれぞれ願えばいいだけでやんす。

だって、願えば叶うんだから。

 

強いて言うなら、〇〇している自分になりきって過ごす、とかはできるかもですね(*´ω`*)

 

叶う順番は変わるかもしれません。

結婚してからお料理得意になるかもしれないし、子供ができたら嫌でも現実的に物事考えるようになるかもしれないし。笑

 

でもわざわざ、ほんとは「したい」ことをブロックなんていう、敵扱いする必要はないってことです。

私、ほんとはこんなことしたいんだなって、自分が求めていることに気づいてあげましょ。

 

 

自分はどんな感情でどんな行動をとるのか

 

次は、自分って一体どういう人物やねん、というところです。

 

ありましたね、恋愛ソングの女王西野カナさんの歌にも『トリセツ』

(私は浜崎あゆみさん世代です…って誰も聞いちゃいない)

 

まさにこの『トリセツ』です。

 

相手に、私のことわかってよって思う前に、自分のことよくわかってますかな?

 

どんなことで喜んで、どんなことで傷ついて、どこまで安心させてもらえれば不安は減るのか、どこまで満たされれば夜グッスリ寝れるのか。

 

 

いちいち自分の感情に一言つけない

 

これ、ツイッターのTLでもよく見ます。

自分もブログ内で突っ込んでるので人の事言えまへんが…笑

 

①寂しいと感じた。(こんなことくらいで)

②胸キュンした。(ちょろいな私)

③めっちゃ嬉しい。(いや、勘違いかもしれないけど)

④めっちゃしんどい。(ストレスへの耐久度低め)

 

この()内の言葉、いりません。笑

 

()内の言葉が浮かんでくるのはなぜでしょう。

それは、他の人と比べているからです。

 

①相手はこのぐらいじゃ寂しくないのかもしれないけど

②他の人はこんな惚れやすくないのだろうけど

③相手はそのつもりはないのかもしれないけど

④世の中もっとみんな頑張ってるはず

 

↑こういう考えがあるからです。

 

他の人が、相手がどう思ってようが、どう生きてようが関係ありません。

私はどうなの??そこだけです。

 

そんな他人と比較した、他人ベースの考えいりません。

寂しい、胸キュン!、嬉しい、しんどい、以上!

 

そんな一言をつけるくらいなら、何に寂しいと感じたのか、

どんなことが私を胸キュンさせるのか、どこまで頑張っちゃうとしんどいのか、

自分が何に反応しているかをしっかり胸に留めましょう。

 

 

「モヤモヤする」をやめよう

 

「モヤモヤする」という曖昧な表現も、私は自分の感情をわかりにくくしてると思っています。

 

私も潜在意識を真剣に勉強する前、しょっちゅう言ってました。

 

上司に理不尽に叱られてモヤモヤする。

好きな人から好意があるようなないような態度を取られてモヤモヤする。

なんなん!今日朝から一日モヤモヤするわ!(爆)

 

モヤモヤって、何かわからないことを言うと思うんです。

 

でも、その何かわからない感情を感じ切ってあげたらモヤモヤは解消します。

 

上司に理不尽に叱られたから悲しかった。腹が立った。

私はこういう理由でやったのに、そこは気付いてもらえなかった。残念。

でも言わなかった私も良くなかった。勇気がなかった自分も嫌だなぁ。

もっと自分の意志は伝えられるようになりたい!

 

と、感情をモヤモヤベールから解き放てば、前を向けます。

 

そしてこのモヤモヤベールも、やはり他人がどう思うかが気になるからだと思うんです。

 

上司という存在に、腹を立ててはいけないのでは?

言いたいことを言えなかった自分にも落ち度があるのに、上司だけを一方的に悪く言うのはよくないよね?

 

いいんじゃないですかね。

誰も見てないし、自分の中だけで腹立てても。

 

それにね、友達同士で愚痴を言い合うって、スピリチュアル界隈にいると悪いことのような気がしてしまいますが、悲しかった、腹が立った!と言い合って、でもほんとはこんな私もだめだよねと反省して、明日から頑張る!と前を向くことの何がいけないんでしょう。

 

もちろん一方的に愚痴ばかり話したり、

全然前を向かずに愚痴の堂々巡りしてたら聞いてくれる相手にも迷惑かもしれません。

その場にいない人を否定するような事を言っていては、ただの悪口陰口です。

 

でも、こういうことがあって悲しかった、というのは悪口ではないと思います。

ただ自分が傷ついたというエピソードなだけ。

だから、自分の中だけで解決できないなら聞いてくれる人に感情整理を付き合ってもらうのも手です。

 

この「モヤモヤする」をやめて、自分の感情と素直に対面するのも、

自分がどんなことでどんな感情を抱くのかがとてもクリアになります。

 

また、このように自分の感情とその原因をわかってきたら、

その後どのような行動を取りがちかも知っておくとなおよしです。

 

一番最初にお話したように、他人が自分に対して取る行動の裏にどんな感情が、どんな状況や可能性が隠れているかを想像しやすいからです。

 

ほんとはどんなことが隠れているのか、真実はなんでも良いんです。笑

だって自分が決めたらそれが真実ですから(^_-)-☆

 

でも感情から行動までの流れをたくさん知っておくと、その自分が決める「真実」の選択肢を増やすことができます。

 

 

と、いうことでまたまた長くなりましたが!笑

 

今回は自分の事を知る事で、叶えたいこと、いえ「叶えられること」が増えるよ!

ということ。

そして、自分の「出来事→感情→行動パターン」を知る事で、

対人による出来事のポジティブネガティブジャッジも変わるよというお話でした。

 

それではみなさまViel Spass!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

叶えるためのアクションは必要?~2人の友人のハナシ~

あけましておめでとうございます。

昨年はブログを開設して、ありがたいことにたくさんの方に読んでいただけて、

「更新待っています!」という嬉しいお言葉まだいただけるようになりました。

 

今年はとにかく、ブログ更新率をあげます!!笑

 

書きたいこといっぱいあるのに、携帯にメモっておいて時間たちすぎてどんどん

「これなんやったかいな?」状態なのをなんとかします。笑

 

ということで、新年一発目のタイトルはズバリ

「叶えるためにアクション(行動)は必要なのか」です。

 

 

 

英語を使った仕事がしたい友人AとBの話

 

よく、願い事を叶えるのに「願えば叶うんだから何もしなくていいですよね?!」

聞かれるんですが、

一方で「何かしてないと叶わない気がして落ち着かないんですけど、何をやるのが叶う事に繋がるんでしょうかね?!」

めっちゃ何かやりたすぎる星人の人もいるんですよね(*´з`)

 

でも実際叶った人の話見たり聞いたりすると、

「ほんとに何もしてないけどうまくいきました。」

もあるし、

 

「結構実際に色々行動もして叶えました。」

とかもありませんか?笑

 

どっちがいいんでしょうかねぇ…と思った時に、ちょうどええ!お話がありましたので、ぜひこの友人たちの夢叶えたストーリー読んでみてください(*´ω`*)

 

それは、「英語を使う仕事をしたい!」と思っていた2人の友人たちのお話です。

 

Aは「夢は叶えたいけど勉強はしたくない」

Bは「夢を叶えるためには勉強頑張る!」

 

どちらも夢を叶えましたが、叶え方は十人十色。

それぞれのストーリーを紹介します!

 

 

自らのアクションはほぼゼロでも叶えたAのハナシ

 

Aは「英語で仕事がしたい」と言いながら、何度も英語の勉強をしてみようとしては

参考書の最初の数ページで挫折していました。笑

 

いや、仕方ない。

 

仕事しながら勉強って、よほど熱意無いとできない(;´Д`)

 

彼女は社会人3年目くらいの転職を機に、派遣で働いていましたが、

その時に、自分は英語ができなくても海外と関わりのある仕事を…と

派遣先に海外との取引がある商社を選んでいました。

 

彼女がやったアクションといえばこれだけだと思います。笑

 

Aは英語ができないので、部署はもちろん国内の仕事がメインのところ。

 

あ、彼女がやったアクションはもう1つあります。笑

 

私はちょっと足を伸ばすと、国内でも有名な「超お金持ちが住む地域」がある所に住んでいました。

そこで、よく母とウォーキングでその地域に行き、「お金持ちの空気」を胸いっぱいに吸って帰ってくるということをやっていたんですね(爆)

 

それを、Aに話したんです。

すると、Aは海外との取引がある部署や、その近くに用事がある時、この「空気を胸いっぱいに吸う」をやり始めました。笑

 

ほんまにこれだけです。

でも、「あれやると自分もそこで働いてる気分になれるねん!」と言っていました。

Aは仕事が忙しくなり、とにかく今自分に振られる仕事を死ぬほどこなしてました。

 

まず、その業績が認められ、正社員として採用が決まります。

そしてその年の決算時に、さらにその業績が称えられ会社の「優秀社員」として表彰されます。

 

その時、お祝いにみんなで飲みに行った際、上司に「ご褒美何が欲しいねん」と言われたんですね。

彼女はポロっと冗談半分で「海外取引ある部署で働きたいです…英語できないですけど…なんつって」と話しました。

 

すると上司は

「英語なんて仕事してるうちにできるようになるやろ。それよりやりたいことは挑戦していけよ!俺は部署異動はどうにもできへんけど!笑」と背中を押してくれたそうです。

 

そして、1年後(実際は多分1年弱後くらいだったと思う)めでたく海外との取引がある部署に異動し、今はもうすっかり英語でのメールと電話のやり取りが当たり前になっています。

 

勉強はしてません。

 

ぶっつけ本番で外国の方からのメールに電子辞書片手に英語で返すことから始まり、

その方と電話でやり取りしているうちに慣れた…というだけです。

 

サボりマンのAは産休育休中は英語の勉強なんて皆無だったそうですが、

それでも出産前と同様にバリバリ働いております(*´з`)

 

A曰く「道案内くらいならいける。でも、流ちょうかといえば違う。映画も字幕なしでは無理。私の職場では通用する程度。だけど、私は英語で仕事をしていることに違いはない。夢は叶った。」

 

 

死ぬほど勉強して夢を叶えたBのハナシ

 

さて続いてはB君。

彼は元々ちょっと英語ができる人です。

大学時代も英語を専攻してました。

 

彼の最初の就職先は英語は関係ない国内メインのお仕事でした。

そして転職するとき、Aと同様に「英語ができる仕事がしたい」と思ったんですね。

それも海外を飛び回り、もはや主に英語で仕事するくらいの勢いを望んでいました。

 

彼は夢を叶えるのに少し手こずります。笑

 

というのも、「英語で仕事している人なんて、英語ができる人なんてごまんといる。俺の英語レベルじゃだめだ…」と思っていたんですね。

 

そこで彼は(もちろん潜在意識なんて無知)、

とにかく英語を勉強しました。

 

しばらくみんなで飲みに行くこともなくなるほど勉強してました。笑

 

そして、転職した先はAと同様に海外と取引のある商社。

彼はバリバリの営業マンです。

 

結婚した今でも海外を飛び回り、家族を海外旅行にも連れて行きとても充実した生活を送っています。

 

B曰く「俺より英語ができる人なんてやまほどいる…という概念をなくすまで、自分に自信をつけるのに、ほぼ英語しかない仕事をし続けても5年くらいかかった。でも今はもうゆるぎない自信がある。やっと夢が叶った。」

 

 

アクションよりも思考のベクトル

 

2人ともちょうど同時期に「英語で仕事をしたい」と口に出していました。

 

私は正直、B君の英語の勉強の仕方と熱意を見ていて、Aのゆるい感じで叶うんかいなと2人の未来を眺めていたのです。

 

2人ともが質や内容は違えど、「英語で仕事がしたい」という同じ夢を叶えた時、

私が感じたのは、

 

2人とも「英語で仕事がしたい」という気持ちにブレがなかった

 

ということです。

 

2人とも思考がしっかり「英語で仕事をする」ことに向き続けていました。

 

B君の勉強の仕方から、B君の思考が「英語で仕事をする」ことに向いていたのはわかりやすいと思うのですが、Aの方を見てみると面白いです。

 

彼女は、上司に「ご褒美に何が欲しいか」と聞かれた時、

「ボーナスくださいw」でも

「鞄買ってください(冗談)」でも

「休みください!(切実)」でもなく、

 

「海外との取引がある部署いきたいっすー」とポロっと出せたんですよね。

 

これって、「海外との取引がある部署に行きたい」と常に思っていないと、

気持ちがそこにしっかり向いていないとポロっと出てこないと思うんです。

 

そしてもちろんですが、ぶっつけ本番で外国の方とのメールのやり取りを任されて

「やっぱり無理ですスミマセン」とお断りしてしまえばそれで終了です。

 

Aは実際「しょっぱなから!?きっつ!」と思った反面「勉強してこなかったから神様もかなり無茶ぶりしてきたな笑」とも思ったそうです。

 

ここまで全てのことが用意されても、最後の1歩で思いとどまれば願いは叶わないかもしれません。

 

この1歩は、自分の「叶えたい願い」にしっかり思考がフォーカスしていれば自動的に踏み出せる1歩です。

 

究極、私は叶えるためのアクションはこの1歩のみだと思っています。

Aがポロリした言葉、AとB共に「海外と取引のある会社」に就職した、など細かく見ればアクションは色々あるかもしれませんが、それは自分の思考が「願い」に向いていれば勝手に進む道のりです。

 

叶えるためのアクションといえば、恋愛なら「連絡はこちらからするべき?」とか、

仕事なら「転職するべき?」とか色々あると思います。

 

しかし、それは迷っている時点で願いに集中していません。

 

迷っているのはなぜですか?

 

「これは叶えるために必要なことなのだろうか?」

「この行動で願いから遠ざからないのだろうか?」

そんな疑問が足踏みさせていないでしょうか。

 

あなたの叶えたいことはなんですか?

 

叶えたいところだけにフォーカスして意識を向けましょう。

 

願いは叶うんです。

どんな行動を取ろうが、どんな言葉を発しようが願いは叶います。

その願いが叶うことを望んでいれば。

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます♪

今回は2人の友人のハナシで、潜在意識をやり出したころに思い返して

面白かったなぁと思ったことを書いてみました。

 

また別の切り口からアクションについては書いてみたいなとも思ってますので

お楽しみに。

 

それではみなさまViel Spass!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

執着状態から抜け出したい!

潜在意識で叶える時って、「執着」がものすっごいキーワードになっちゃってる人いますよね。

 

執着しても叶う。

でも、執着は手放した方が叶いやすいってみんな言う。

いやしかし、執着しても叶うともみんな言う。

 

なんじゃこりゃ。

叶うのか叶わないのかどっちやねん。

 

それはもちろん、決めるのは私です。

 

「執着してても叶う!」と決めれば執着してても叶う。

 

「執着したら叶わないかもしれない!」と決めれば叶わないかもしれません。

 

 

 

願うことと執着すること

例えば、片思いしてる恋愛で、この人じゃなきゃ嫌だ!絶対この人と付き合いたい!と思ってるとします。

 

この人じゃなきゃ嫌だ!って執着?

でも、この人じゃなくてもいい…ってなったらこの恋愛は成就しなくてもいい…

ってことはこの願いは叶わなくてもいい…ってことになるよね?

え、まてまて、この恋愛を絶対成就したい!ってのも執着?

 

でも、そうなると、叶えたい願いってじゃあそもそもなに?

潜在意識で叶える願い事って、みんなそりゃもう本気でどうにかして叶えたい事なんじゃないの?

 

そのどうにかして叶えたい願い事って願ってるっていうのはもはや執着なの?

なんなの?!

 

ってなったことありません?笑

私はあります。

そして考えに考えすぎて、なんかちょっとどうでも良いかも…と図らずも執着を手放せたことがあります。

 

でも、え、私彼のこと好きじゃなくなってるかも!

そしたらこの恋愛そもそも成就も何も、存在しなくなるやん!

やだやだ!やっぱ彼じゃなきゃやだやだ!!

 

執着。

 

みたいな繰り返し。

 

私が思うには、願うことと執着することはニアリーイコールです。

イコールではないけれど。

 

けど、願うことは良しとされて、執着することはあまり良しとされてないのはなぜでしょう。

 

執着って何がだめなんでしょうか。

 

 

執着している自分はどういう状態?

 

執着すること自体は別に悪くないです。

もうこの執着の何がだめなの?って話については、世の中の達人さんたちが皆さん私よりすごいわかりやすい正解出してるんで、今更感なんですが…

 

先ほどの事例で行くと、

「彼じゃなきゃだめ」というところに執着してるとします。

 

彼と恋愛成就して、今幸せいっぱいの私が、「彼じゃなきゃだめなの!」って思うでしょうか。

思いますね。笑(思うんかい!)

 

恋人同士でも、夫婦同士でも、「あー彼じゃなきゃやっぱりだめよ~」って改めて思うこととかはあると思います。

 

でも、この場合の「彼じゃなきゃだめなの!」は言葉は一緒でも中身が、味が違います。

 

恋愛成就は彼とじゃなきゃ嫌だ。

結婚するなら彼とじゃなきゃ嫌だ。

 

ってことは、まだ恋愛成就してない。

まだ結婚してない。

 

ってことになります。

ここが問題です。

 

ずーーっと「彼じゃなきゃいやだ~」と思い続けていたら、「まだ恋愛成就できてない~」にいるんです。

 

つまり、「彼じゃなきゃいやだ~」と執着してるつもりが、「まだ恋愛成就してない~」に執着してるんです。

 

見た目テリヤキバーガーやのに、味はフィレオフィッシュです(?)

 

 

執着から抜け出したい

 

一度この「彼じゃなきゃ」モードになって、叶ってくれない現実に目がいってしまい、ガチガチに執着してしまうと、なんかもう叶ってない現実に絶望して、わけわからん焦りが出てきて、やめようかなと思ってみたら余計にやめたくなくなって…

 

どうしたらええねん!!

 

ってなることがあると思うんですけど、

そんな時の執着から抜け出す方法、私なりの4選です。

 

1.あぁ執着してんなぁと俯瞰する

まずは、自分が執着してるなぁと認めることです。

これで、執着して叶ってない叶ってない叶ってないなループにいる自分が、ガチャっとそのループから外れます。

 

悲しくて泣いている時もそうです。

ふと、あぁ悲しいんだね私と俯瞰すると、悲しみと自分は分離します。

 

なので、「私執着してしまってるんです」と言っている人は、すでに無限執着ループの中からは抜け出しています。

本当に執着している状態って、「彼じゃなきゃだめだ×100」ブツブツ…状態です。

 

なので、あまり、「執着しているオーマイガ!!」とならなくていいです。

執着していることに気付けている時点で、執着とは分離できています。

 

2. 叶っていると決め直す

先ほど、「彼じゃなきゃ嫌だ」状態の人は、まだ恋愛成就していない状態にいませんかね?というお話をしました。

 

これを、恋愛成就した状態に変えます。

もう彼と恋愛成就した、結婚した、幸せ真っただ中♪と決めます。

 

現実はフル無視です。

(できないよ~という方ももちろんいらっしゃると思いますが、現実無視についてはまた改めて書きます。

できない気持ちはわかります。でもしてください【炎】)

 

3.執着したら叶わない、としたら?

これはまぁまぁ荒療治ですが、私が時々やることです。笑

いっそ「執着したら叶いませんよ」と自分を脅します。笑

 

正直、執着しても叶う、しなくても叶う、どっちでもいいと言われると、

「まぁでも執着しない方が叶いやすいんだけどね」と言われたところで、

結局「執着しても叶う」に甘えます。

 

なので、「執着したら叶わない」から手放そう!もうなにがなんでも手放そう!と自分に無理やり手放させます。

 

願いについて考えるのをやめます。

願いに関わる言葉や数字がテレビに出てこようが、通勤中に通り過ぎようが

無視します。

(反応はしますが、意味づけしません。)

 

半日でもこうやって自ら願いと離れてみると、するっと執着してた気持ちがゆるみます。

半日が難しいなら10分でもできる次の4番目の方法を試してみてください(^_-)-☆

 

4.集中できることをしまくる

手放すことに似てるのですが、思わず願いを忘れてしまうくらい、

熱中できることを10分でもいいからやります。

 

携帯ゲームとか手っ取り早くていいですね。笑

 

読書が集中できる人は読書でも、歌熱唱でもいいです。

 

一つオマケで…

歌を歌いながら掃除や、片付けが結構おすすめです。

(私はアイロンかけたりお皿洗ったりします。笑)

 

これはどなたかのブログだったか、テレビ番組だったか忘れましたが、

何かで知りました。

人は一度に二つのことをするのって難しいので、

歌うことと片付けることなどの二つの行動を同時にすると、自然と思考はストップするのだそうです。

 

不安などが巡り巡って、ずっと色々考え込んでしまう、という時もいいですよ(^^♪

 

 

 

以上が私の執着状態から離れるためにやっていることです。

ちょっと今執着しすぎてしんどいよっていう方はお試しくださいませ。

 

執着がとれてくると、なんだかこの願い叶わなくていいんじゃないのか…

となってくるかもしれませんが、そう思うことを恐れないで下さい。

 

執着がとれてくるのは、叶った状態に自分がなってきているからです。

その願いを求めなくても、幸せな自分に充分なっているんです。

求めないということは、もうこの手にあるってことです(*´ω`*)

 

執着はしてもしなくても叶います。

重要なのは、今叶っている立ち位置にいるか。

今叶った心でいられているか。

 

いられていないなら、叶っている自分になれば良いだけ。

 

焦らなくていいです。

何も問題はございません。笑

 

1秒先も未来ですよ。

1秒前まで叶ってない立ち位置にいても大丈夫です。今変えればいいのですから。

 

それでは皆様、Viel Spass♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚までの道のり7~運命の出会い後編~

さてさて、ついに旦那君とお付き合い~♪と行きたいとこですが、

久しぶりの大恋愛の予感に心躍りつつも、元ネガティ部長の私。笑

 

付き合うまでの間に、そりゃもう私の心は一人で勝手に乱れます。笑

 

でも、乱れた結果お付き合いできちゃいました!

大切なことは、素直になること。

 

波に乗り出したら、自分に嘘はつかないこと、です。

 

 

 

 

街コンのあとで…

 

イベントが終了し、約束通り旦那君と先輩と私たちは飲みに行くことに。

すぐ近くにある居酒屋に入りました(*´ω`*)

 

そこで、他愛もない話をしていると、旦那君の元に電話がかかってきます。

 

一瞬何かはわからないけど、不安がよぎる私。

(女性か?とか仕事か?とかではなくて、今楽しんでいるこの場から彼がいなくなることへの漠然とした不安という感じです。)

 

でも、すぐにその不安は消え、むしろ感動。

 

その電話はお姉さんからでした。

その日、彼が一番好きな音楽グループのライブがあったのですが、先輩にこの街コンに誘われたため、兄弟にチケットを譲ったそうなんですね。

 

この時本当に感動しました。

 

自分に置き換えてみたんですが、大好きなK-POPのライブがある日に、先輩に街コン誘われても私は断るな…と。笑

 

ライブってチケット取れること自体が奇跡だったりしますよね。

それに、年に何回もあるものじゃなかったり。

 

仕事ならまだしも、先輩のプライベートの誘いに応えるなんて、なんて真面目なんだ!!と思いました。

 

ちなみに彼は、この私と出会った当時22歳。

大学卒業後、就職して3ヶ月という時でした。

(…いや、だとしても私はK-POP選ぶわ。笑)

 

普通なら、結婚を考えているアラサー女子にはためらう年齢だと思います。

7歳年下、就職したて。

 

でも、私はこの年齢に関しては全くためらいませんでした。

 

母の友人の息子さんが、就職して半年で年上の彼女さんと電撃婚をした話なども聞いていましたし、何より、「私は次にする恋愛で絶対結婚する」と決めていたので。

 

彼にどんどん興味がわき、もっとここにいたいと思いながらも、

友達に告げた帰る時間が迫っていました。

 

私は、自分の飲食代を友達に渡し(男性陣が払ってくれると言ってくれましたが、ここは!と押切りました。)、鞄を整えていた時、向かいに座っていた旦那君が突然立ち上がりました。

 

「あの、連絡先教えて!」

 

私は今でもあの時のあのシーン、忘れられません。

本当に嬉しかったし、私の人生がまたもや変わった瞬間でした。

 

彼とLINEを交換し、帰りの電車では早速LINEが!

 

それは、数日後に私の休日があることを友達から聞き出した旦那君から、

「その日一緒に飲みにいきませんか?できれば二人がいいです!」

という内容でした。

 

嬉しくて即答しました。笑

 

 

初めての2人飲みも早く帰宅!

 

その後、残ったメンバーは朝まで(ほらね?笑)カラオケに行ったようで、

その間も旦那君からはずっとLINEが来ていました。

 

そして、飲みに行く日まで毎日LINEが続いていたのですが、

私は初めての安心感を、恋愛で感じることができます。

 

それは、街コン翌日の朝、お仕事頑張ってねのメッセージのあと、

「できれば仕事が終わったら連絡がほしい。」と彼が素直に言ってくれたことです。

 

私も正直、こういう時心配になるんです。

彼に「頑張ってね!」と言ったあと、仕事なので連絡が取れなくても大丈夫なのですが、終わっても連絡がなかったら、「あぁそうだよね、彼女じゃないもんね。うーん、次はなんてLINEしよう…」と悩みがち。

 

なので、向こうから「仕事後に連絡がほしい」と言ってくれて、とても安心しました。

 

そして、約束の日、平日だったので彼は仕事帰りで、18時くらいから21時まで食事して解散しました。

 

いつもなら終電ギリギリまでいるんですが、

ここはやはり、前回も書いたように自分をさらけ出しすぎて、

「あぁやってしまった…」という自己嫌悪を招かないためにも、

お堅くいきました。

 

 

帰り際、彼から「ちょっとコーヒーだけでも無理?」と聞かれましたが、

それも勇気をもって断りました。

箱入りと思われてもいいや!

むしろ、結婚するならそれくらい堅い女の子じゃなくちゃ!

それに私は1度決めたら筋は通す人になりたかったんだ!と。

 

(ちなみに、このコーヒーのお誘いについてはあとで知りましたが、1軒目だけでは自分の気持ちをうまくアピールできなかったと焦って誘ってくれたらしいです。笑)

 

すると、帰宅してすぐ、彼から3分だけ電話がしたいとLINEが来ました。

 

この3分の内容、

「ayaちゃんて本当に彼氏いないの?なんでいないの?」という内容だったんですね。

 

もう脈ありでしかないですよね。笑

ご縁がなかったんだよ~と話しながら、胸の高鳴りが相手に聞こえるんじゃないかくらいドキドキしましたよ!笑

 

 

押し寄せるネガティブの波

 

さて、これだけ脈あり材料揃ってます。

彼から連絡先を聞いてくれ、毎日のLINE、しかも途切れないように相手からの「連絡が欲しい」、「彼氏は本当にいないのか」の確認。

 

いや、もう絶対待ってたら告白されるしかないやん!!!!!!

 

なんですけど、私の頭はいつLINEが途切れてしまうのか、

またいつもみたいにいい感じになって結局付き合いはしないパターンじゃないのか。

 

そんなことでいっぱいでした。

 

何度も何度も、彼はそんな人じゃない、今回は大丈夫。

次に好きになった人とは結婚するんでしょ??

大丈夫大丈夫、と毎日唱えまくり。

 

しかし、もうどうにもいたたまれず、街コンに一緒に行った友達を呼び出して、仕事帰りに相談。

 

友達も、街コン後のカラオケで旦那君が、「ayaちゃん本当に彼氏いないの?俺いってもいい?」って言ってたよと教えて励ましてくれました。

 

それでも、もう不安が止まらない状態。

 

そんな時、なんと旦那君の先輩と旦那君が友達の家の近くで飲んでいるので来ないかという誘いが友達の元に。

探りを入れてくるね!と旅だった友達と別れ、旦那君から来ているLINEにお返事を返せないまま家に帰りました。

 

ほんの数時間です。

なんて返せば、相手から返事がちゃんと続くか気になり内容を書いては消しを繰り返し、いったん携帯を触るのをやめていました。

 

すると、向こうから「どうして返事くれないの?」というLINEが。

 

この時、正直になろうと思いました。

もうこの人とお付き合いできるとかできないとかではなく、

この優しくて嘘をつかない彼に、私も最後まで正直でありたい。

素直な気持ちを伝えたい。

 

もしここで終わってしまうなら、とか

もしかしたらうまくいくかも、とか

お付き合いすること自体への気持ちはこの時全くなかったです。

 

とにかく、自分にまっすぐ向き合ってくれる相手に私もまっすぐ向き合いたい、という気持ちから

「なんて返して良いかわからなくなった。」

「突然途切れたらどうしようって不安になった。」

と伝えました。

 

彼からはすぐに

「俺もだよ。」と返事が。

そして、一緒に飲みに行ってから夢中だよということを言ってくれました。

だから、自分も返事がなくならないか不安だよ、と。

 

私も、好きになるのが怖くて、自分の保身ばかり考えていたことを謝り、

素直に好きだと言いました。

そして彼からも同じ気持ちを聞き、めでたくお付き合いに( *´艸`)

 

あのまま、待っていたらきっと告白してくれたはずです。

でも、せっかちな私は彼から告白、という形を引き寄せることはできませんでした。笑

結局自分で相手から言葉を引き出すような行動をとっちゃいました。

面と向かってでもなく、LINEでのお付き合い申し込みですしね。

 

けれどこれで良かったと思っています。

私は形よりも言葉よりも、彼と付き合えた事実があればそれでよかったです。

 

むしろ、彼からの告白とお付き合いのシーンをスクショして、お互い今でも大切に持っています。それができるのも、LINEだったから。

 

そして、子供が生まれて思うのは、

1日でもずれていれば、今目の前にいる子供たちとは出会えていないのかもしれないということ。

 

同じ夫婦から生まれても、一人一人違いますよね。

(全員一緒やったら兄弟クローンですからね笑)

 

ということは、その一瞬一瞬で生まれてくる子供は違います。

大げさですけど、あの時、旦那君の告白を待って数日ずれたことが、結婚も数日ずれ、

となれば生まれてきた子供たちもこの子たちではないかもしれない。

 

だから、これで全てOK!

 

 

お付き合いをするにあたって

 

お付き合いすることになっても、私は結婚に関しては冷静でいました。

本当に大好きでしたし、本当に他の事に盲目になるくらい好きでした。

でも、私は結婚もしたい。

 

そこで、お付き合いして最初のデートの時、

彼にははっきりと32歳までに子供は欲しいこと、なのでそれまでに結婚はしたいこと。

年齢が年齢なので、付き合ってから結婚までが早いかもしれないけれど、

その覚悟がないなら深入りする前にやめた方がいいと伝えました。

 

彼は、私の年齢を知ってて付き合っているので、そのつもりでいると言ってくれました。

 

そして、会うたびに結婚しようね、ずっと一緒にいようねと言い続けてくれました。

(これが後に、「いつになったらほんとのプロポーズしてくれるの?」現象を引き起こしますが…笑)

 

私は、「結婚」という目標に対しては結婚するまでブレませんでした。

ただ願うだけでなく、いえ、願ったからこそ出てきた言動なのかもしれません。

 

結婚の話をする時に、彼にどう思われるかは全く気にしませんでした。

 

彼に愛情表現をする時にも、彼にどう思われるかを考えたことはありません。

 

だからと言って、自分がしたいからする、というわけでもないのです。

 

今彼に溢れんばかりの気持ちが出てきた!

伝えたい→伝える→彼からのレスポンス

 

ではないのです。

 

伝えたい→伝える の時点で、伝えたいけれど伝えて良いのだろうか、いーや自分がしたいしいいんだ♪伝えよう!という流れがありますよね。

 

私には、この一瞬のためらいもないんです。

 

のどが渇いたからカバンからペットボトルを取り出している。

そのくらいの条件反射です。

 

好きだなぁと思ったら好きだなぁって言ってます。

会いたいなぁと思ったら会いたいなぁって言います。

相手へのプラスな気持ちを伝えるのにためらうって不思議な話ではないですか?

(もちろん、自分の意志を伝える時は、言い方は考えたりはします。)

 

これが、福岡旅行で友達が言っていた「堂々と好きでいていい相手」(※結婚へのヒント参照ください)なのかもしれません。

 

また、今までの恋愛と違ってもう一つ安心してお付き合いできたのは、

環境や人、全てが味方してくれたことです。

 

まず、いつも否定的なことを言う母が、

私がLINEを返せずにいた時、「もっと素直になりなさい」と言ってくれました。

7つも年下の彼への気持ちを認めて応援してくれていたんですね。

 

お付き合いしたときも、とても喜んでくれました。

 

そして、お休みが平日の美容部員と、カレンダー通りのサラリーマンのお付き合いという環境。

普通ならすれ違いそうなこの状況にも、不思議なことが起こりました。

 

この時、実は私の職場の状況が変わり(それにより正社員になることはできました!)、退職者が急に出てしまい、労働状況は結構過酷になっていました。笑

 

そこで店長が、1ヶ月の内1人2回ずつ土日どちらかを必ず休めるようにシフトを作ってくれたのです。

彼氏がいるいないにかかわらず、普通の会社勤めの女友達ともお休みが合わないと旅行なんかも行けませんからね( ;∀;)

 

これにより、彼と月に2回は土日休みを満喫できました!

 

そして、彼もお仕事上、1年の内繁忙期が半年くらいあり、もう半年は忙しさが落ち着いているといった仕事環境でした。

繁忙期中は土日出勤なので、お休みは平日。

それ以外の時期も、繁忙期に取れない有給を平日に少しずつ消化していく傾向が社内でありました。

 

なので、平日もお休みを合わせることができたのです。

 

私は、サラリーマンとはお休みが合わないという思い込みがあり、飲食関係の人と恋愛なりがちでした。

しかし、街コンに一緒にいった友達が、旦那君と似たような仕事環境で、平日にお休みを取れることが多かったので、私のこの思い込みは上手に崩れたのだと思います。

 

このように、私と彼がお付き合いする世界は全面的に私たちふたりのことを応援してくれるような環境でした。

 

 

「絶対に結婚する」という気持ちだけ

 

かなりの長編になってしまいましたが、旦那君との恋愛は本当にいつも安心の中にあり、幸せそのものでした。

今もそうです。

 

会えない時は彼から「会いたい」の猛攻撃。笑

会えば「大好き、絶対結婚しよう」

どんな時も、何をするのも全部二人で。

 

イメージングし続けた芸能人彼の腕枕でしたが、

旦那君の腕枕で眠る日々がやってきました。

 

自愛の成果もあり、心が折れそうな時は自分で自分を満たせるように

パートナーができても続けられました。

 

リストアップしたノートと見比べると、旦那君はかなりあてはまっていました。

 

いろんなメソッドを使ってきましたが、

一番は「絶対に結婚する」という意志が彼と出会い、お付き合いをするまで自分を動かしてきたのだと私は思っています。

 

だから私は、結婚したいと嘆く人にいつも言います。

「本気で結婚したいと思ったら結婚はできるよ。」と。

 

そして、結婚には妥協が必要というような思い込みがある人にも言います。

「本当に好きな人と結婚できるし、した方が良い。」と。

 

確かに、旦那君はA君とは全く違うタイプです。

A君には「自分にべた惚れ」を思い込めませんでしたが、旦那君は思い込めます。

そういう意味で妥協だというならそうかもしれません。

でも追いかける恋の方が、愛が深いと言えるかは疑問です。

だって私は、今までの恋愛の中で、そして宇宙で一番旦那君が好きだからです。

 

世の中の、「愛されて結婚した方がいいよ」「2番目に好きな人と結婚した方がいいよ」の言葉の真の意味はここかなって私は思ってます。

 

安心して、堂々と好きでいられる相手。

自分が不安にならないよう思い込める相手。

 

もちろん潜在意識を活用するなら、なんでもこいです。

何でも変えられます。理論としては。

 

でも、どうしても個人的に変えられないこともあると私は思ってます。

物凄く傷つけられた相手と、その時の自分の思考がその現実を引き寄せたってわかっていても、もう一度安心して相手に身を委ねられないことだってあると思います。

 

それで、復縁を頑張っていたけど諦めて、新しい誰かと出会って、安心していつも幸せなまま大好きな人と結婚できたなら、それがその人のベスト!

 

だから私は、なんでもかんでも無理に現状を潜在意識で変えるのを勧めてはいません。

むしろ、自分の気持ちが一番心地よく、楽でいられるように、前向きで元気が出るように人生の選択をしていくことをおすすめします。

 

そのために、潜在意識というツールを支えに使うのです。

 

長くなりましたが、最後までお読みくださってありがとうございました(*´ω`*)

出会いを待っている方、片思いの方、復縁の方、

皆さま「結婚したい」と思っていらっしゃる方は必ずします。

 

こんな私でも結婚しました。笑

 

今も幸せです。きっとこれからも。

私は旦那君と一生幸せに添い遂げるミッションを遂行中です。

皆様も一緒に遂行しましょう♡

 

お付き合いしてから、実際に結婚までの道のりはあっという間なので、

またおいおい書いていこうと思います!

 

その時はまたお付き合いくださいませ。

 

ではでは、皆さまViel Spass!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚までの道のり6~運命の出会い前編~

こんにちは!

ハロウィンが終わったらあっちゅーまに街はクリスマスですね。

この時期、一番気を付けてほしいのは「好きな人と過ごしたい!」という気持ちから

不安になったり、気持ちが揺れて相手のことをリサーチしたり、クリスマスになんとしてでも会おうとすることです。笑

 

今年のクリスマスは人生で一度きり。

だからこそ好きな人と過ごしたい気持ちはわかりますが、

もしも過ごせなくても、ふさぎこんで泣きはらさないで。

別の方法で楽しみましょうね!

 

独身最後のクリスマスかもしれないですよ♪

 

さて、結婚への道のり、ラストスパートはただのノロケブログであること間違いないですが、終わらないと始まらないので。笑

 

ちょっと息抜きに読んでってください(*´ω`*)

 

 

 

全然ウキウキしない!むしろ行きたくない!

 

お誘いは日常の中に紛れ込むようにすんなりとでした。

前回、芸能人の方の握手会のお誘い電話がかかってきた時、私カラオケに行ってましたよね?(知らんがな)

 

そのカラオケに一緒に行ってた友人は、親しい独身同い年の唯一の友人でした。

 

ある日、後輩と飲んでいた時、この友人からLINEが来ました。

この友人とは2日に1回くらいLINEする仲だったので、全然突然でもなんでもなく、

「いつもの」感じでした。

 

「私今月30だしさ、(私たち2人は30になる年ですが、私は早生まれなので翌年までギリギリ29歳)その前に人生経験で街コンとやらに行ってみたい。」

 

お!それは良い!私もちょっと気になっていた!

と、そこですぐにOKの返事を。

 

「実は、うちらが好きな謎解きができる街コンがあるんだけどどう?それも、年齢ギリギリ。笑 20歳~29歳限定。」

 

30目前の私たちの記念としては、ぴったりの年齢制限。笑

 

そしてその週末の日程で予約を取り、参加することになりました。

 

この時、一緒に飲んでいた後輩は、

「え~、めっちゃきもそう。変な奴しかいないよ、そんな謎解きとか。」

と言いました。

 

私も確かにその不安はありましたし、私の不安が彼女を通して言葉として現実化したんだなと思いながら、「行ってみなきゃわかんないって」と自分に言い聞かせるように言い返したのを覚えております。

 

さて、当日。

 

何を着ていこうかめちゃくちゃ悩みました。

女の子らしい服。

いやーでもなぁー。

でもめっちゃボーイッシュもなぁ。

 

芸能人の彼に言われたことも思い出しました。

「女の子らしいファッションにも自信もっていいんだよね。」

 

そう思いながら、結局ジーンズに薄手のニット、スニーカーをチョイス。

初めての場ですし、男性も来るとわかっていて、万が一危険なことがあったら走れた方が良い。

女の子らしい、可愛い私は彼氏になった人に特別に見せてあげるんだ!

と、ふと思い浮かびました。

でも、アクセサリーと髪型だけ女の子らしくしようと思い、ハーフアップで巻いて(セミロングだったので)みることに。

 

そしてこれがしっくり来ました。

 

自分の身を大切にしつつ、自分を可愛くさせてあげられる。

 

私いい感じに変わってんじゃん、と思いながら待ち合わせ場所に着いた途端、

今度は急にネガティブな気持ちが押し寄せます。笑

 

だめだ、やっぱり変な人ばかりかもしれない。

いや、でも次に出会う人は両想いになって、結婚するって決めたんだ。

やーーでも怖い、全然楽しくなかったりして。

ていうかそもそも期待しちゃだめだって。

わーーーー行きたくなくなってきたーーーー!!

とぐるぐる。

 

友人がドタキャンしてくれないかとまで考えました。笑

(でも、自分がドタキャンしようとはしませんでした。

私は若い頃ドタキャン常習犯で、予定が空くのを恐れ、ブッキングさせてはドタキャンを繰り返していたんですね。

そしてそんな自分は大嫌いでした。

なので、約束したからには、仕事や本当に緊急の用事が入らない限り、最後までやり通すようにしていたのです。)

 

友人は来ました(;´Д`)←

 

私は友人に会って早々、今日は夜用事があって18時には帰らなければいけないということを伝えます。

(イベント自体は14時くらいの開始だったと思います)

 

なぜこんなことを言ったのか。

私たちは初めての人たちとも意気投合すると朝まで飲みに行こうぜイェーイ!となってしまうことが多かったからです。笑

 

もしここで出会えば、これが結婚まで繋がる人生最後の出会い。

だからこそ、もしも出会ったなら、最初の印象は大事にしたいと考えていました。

もしも意気投合する人がいても、最初から自分を全部は見せない。

彼氏になって初めて、私を全部見せてあげる。

 

いつも後悔していたんです。

 

出会ってすぐに仲良くなり、色々と話しすぎ、自分が好きになった時には、

 

「あぁあんなこと言わなきゃよかった。」

「あんな目の前で泥酔しちゃだめじゃん…」

と後悔する私の片思いお決まりパターン。

 

「こんな私のダメダメなところばかり見せてたんじゃ、好きになってもらえないよね。」と思い込み、ブロックを作っては克服する。

 

私は、A君との恋愛での経験はしっかり生かそうと思っていました。

 

悪い思い込みをするなら、その原因は最初から作らない!

 

そこで、何があっても朝までコースはしないように、ちょっぴり嘘をついたのです。

 

 

出会う人全員が魅力的

 

この街コンの概要はこうです。

個室居酒屋で催されていまして、各個室に運営側が決めた男女2:2で入ります。

そしてこの4人で謎解き開始。

 

謎が解けて正解した組から、ビュッフェで飲食開始。

 

その後、10分毎に男性だけが各個室を移動して回るといったスタイル。

 

簡単なプロフィールを書く紙が配られ、気になった人の名前などを書き込めたり、

LINEのIDを書けるようになっていました。

 

まず、最初に一緒になった男性2人と会話していて、私と友人は重要なことに気づきました。

それは、私たちが最年長であること。笑

20歳~29歳の年齢制限なので当たり前です。笑

 

しかし、目の前の男性2人が22歳と聞き、このイベントは確実に年下の男性しかいないなと気づきました。

こりゃ、我々オバチャンだなと。笑

 

ところが、そんなことはすっかり忘れるくらい、この謎解きがとても楽しく、

またこの男性2人もとても思いやりがあって優しく、言葉遣いも丁寧で

「なんていい子たちなんだ!」と思うほど。

 

そして謎解き大好きな私たちはあっという間に謎は解け、飲食をさっさと開始('◇')

 

お料理のあるブースへ行くと、そこにはあるではありませんか!

 

おビール!!!

 

この時一瞬、「いや~でも今の若い子って飲まないって聞くし、ここでビールチョイスは引かれるかもなぁ」と思いつつ…

 

「いや!お酒を飲む女子がダメな男性とはどのみち上手く行かない!笑 引くなら引きたまえ!」と、友人と目配せして瓶ビールとグラスを手に取りました。

 

これが案の定、誰も飲んでないんですねぇ。

ほんとに私たちだけ。

女の子も誰も飲んでません。笑

 

そして、男性組が何度か入れ替わって気づいたこと。

 

この街コンいわゆる当たりってやつなんじゃ…。

 

皆さん20代前半なのに真面目にパートナーを探してるんです。

そして、お仕事も優秀な方ばかり。

誰一人として失礼な発言をする人はいません。

清潔感もあり、素敵だなと思えるお顔立ちの人もたくさんいました。

(むしろ生理的に無理!という人はゼロです)

 

あ、お一人だけ、私の目からウロコ発言をした方はいました。

 

「失礼ですが、ayaさんはなぜ独身なのですか?ご結婚をする気はないという感じですか?」

 

と聞かれたんですね。

 

これは驚きました。

売れ残っていると思われていないんだと。

何か難ありだなこの女…とは思っていない。

 

結婚はしないの!私は自由に一生生きるの~♪っていうタイプなんですか?

ってことですよね。

 

まさかそう捉える人がいるとは思ってませんでした。

 

この捉え方をされている時点で、素敵な方だと思いませんか?

相手の女性のことを荒探しするのではなく、こんなに素敵なのになぜ?と捉えてくれてるんですよね。

 

でも、この時の私のマインドもそうだったのかもしれません。

出会う男性全て、あぁこの人ここが素敵!

わぁいい笑顔!

優しい人だなぁ。

緊張してるけど、しっかり目を見てくれる。

 

と、全ての人の良いところを見つけていました。

意識していたのではなく自然に。

 

連絡先も5名くらい書いて下さっていたし、私も書いたと思います。

それくらい良い出会いばかりでした。

 

 

ついに旦那君が登場

 

そんな中、1組だけ私たちと同様ビール瓶を持って参戦している男性組がいました。笑

何を隠そう、これが旦那君と旦那君の職場の先輩です。

 

二人も、私たちだけがお酒を飲んでいることに気づき、「次はあそこに行こう!」と思っていてくれたそうです。

 

二人の住んでいる場所が、一緒に行った友人の家の近くだったり、

共通の話題や、似たような雰囲気に4人は意気投合。

 

本来男性組は、1度行った女性組のところには2度行くのは禁止だったのですが、彼らは移動する時間になってもそのまま残ってくれ、さらに10分お話することになりました。

 

そして、このイベント終了後に飲みに行こう!(ほらね?笑)

となったのです。

 

そして、いざカップリングの時。

私はチラっと友人が誰を書いているか覗き見ました。

 

私は旦那くんを書きたいなと思っていたのですが、友人がもし書くなら、先輩の方を書こうかなと思ったのです。

(旦那君たちも、これから一緒に飲みに行こうと言っているくらいだったので、

きっと私たちの名前を社交辞令でも書くだろうことは予想できました。)

 

すると、友人は先輩の名前を書いていました。

 

私はこの時、嬉しくて涙が出そうになりました。

本当に、あぁどうしよう、なんだか幸せの予感がする…。

今までの私の自愛や、潜在意識との関わりや、恋愛、全ての私が頑張ってきたことが報われる予感がしたのです。

 

そして、その気持ちはさらに確信へと加速していきます。

 

なんと、旦那君とカップル成立!

 

当然の流れのようで、でもミラクル。(ここ重要)

私が旦那君の名前を書いても、旦那君が友人を選ぶ可能性だってあったわけですからね。

 

でね、この後お店の入り口で集合するのですけどね、

私は旦那君に「私の運命の人はこの人だ…」と、この出会いを信頼できるような、そんな瞬間があったんです。

 

カップルが成立し、名前を呼ばれた二人は入り口に向かうことになっていました。

 

個室から入り口に向かおうとすると、先に出た先輩(ここももちろん成立)の忘れていったカバンや傘(そのまま解散になると思わず個室に置いていったんですね笑)を全部抱えて出てくる旦那君がいました。

 

私はこの姿に、彼の真面目さ、優しさ、先輩との関係、いろんなことが見えた気がしました。

 

思わず、「私も何か持つよ!」と声をかけたのですが、

彼は「いいよ!大丈夫、ありがとう!」と断りました。

 

私は、彼の事を好きになる予感がし始めていました。

 

いえ、きっとこの時すでに一目惚れしてたんでしょうね( *´艸`)

 

 

 

…キャハー!ついに出会っちゃいましたね!(他人事)笑

 

それは置いといて、この記事で言いたかった重要ポイントを改めてお伝えしておきます。笑

 

それは、「ワクワクウキウキ始まりの出会いじゃなかった」ということです。

よく、ワクワクする方を選ぼう!とか言いますが、

私は直前まで「帰りたい、やっぱり行きたくない!」とどちらかというとネガティブな気持ちでいたんです。

 

でも、それでも不思議な力に導かれるように強制的に出会いました。

 

全てが整った時、「時は来たれり」、全てが満ちて動き出す時、

私たちの気持ちとか行動とかそんなことは関係なく、ちゃんと導かれるのだと思います。

 

ですから、どんな行動を取ったって、何を思ったって、幸せにはなるんです。

強制的に。だから不安にならなくて大丈夫です。

大事な場面でネガティブになっても、「ayaさんは運命の出会いの時ネガティブだったんだし、大丈夫や!」と思い出してくださいね。

 

合言葉?は、先ほどもここ重要!って言いましたが、

「当然の流れのようで、でもミラクル」です。

 

 

さぁさぁ、ここからA君のときとは違って、最初から潜在意識をうまく使って

自分を励ましながら、お付き合いまで頑張るのでございます。

 

せっかくなので、旦那君とお付き合いするまで、後編もどうぞお付き合い(何回お付き合い言うねん笑)くださいませ。

 

それでは皆さま、Viel Spass!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湧いてきた寂しさの解消法

こんにちは。

前回、寂しさは埋めるものではなく、幸せでも湧いてきちゃうものですよーというお話をしました。

だから、埋めるためのアイテムを探す必要も、求める必要もございませんでしたよね?

(どういう日本語)

 

寂しさへの考え方は軽くなったにしても、湧いてくると寂しさをじゃあどうしたらいいねん!ていうとこだと思います。

 

早速、私なりの解消方法をお伝えしていきます!

 

 

寂しさ解消法

 

前回記事にも書きましたが、寂しいと感じると、(シャボン玉に例えると)シャボン玉に一度気づいてしまうと、うわ!!めっちゃあるやん!ここにもあそこにも…わーーー!寂しい(;´Д`)!

 

ってなると思うんですね。

 

でも、幸せで充実感のある毎日、楽しくて仕方がない毎日だとこのシャボン玉の存在を華麗にスルーしています。

 

そこで、解消するためのアプローチは2方向から責めていただくのがおすすめです。

 

1つは、幸せ充実感のある毎日を送って「華麗にスルー!」

 

2つ目は、実際にこの寂しいという思いを解消する「指でピッピッ!」

 

 

シャボン玉を「華麗にスルー!」

 

皆さまこんな経験はないですか?

 

今週はなんか良い感じ!

休日は気の置けない友人と久しぶりに会えて、ビュッフェでランチでひたすらお喋り!

なんかやる気も湧いてきたところで、次の日の仕事も上司に褒められた!

最近頑張ってたもんなぁ…と帰宅したら、お母さんがお気に入りのお店のスイーツ買ってきてくれてる♡

ラッキー♪

彼からも順調にLINEきてるし!

 

けど、実は彼と最後に会ったの1週間以上前…

そして次会えるの再来週…

今週末友達と旅行行っちゃうんだよね、寂しい…

 

シュポッ(LINEの音)

 

あ、彼から来た!

「仕事終わった。今週末は自分で予定入れといてあれだけど、早く会いたい。」

 

やばい、彼から「早く会いたい」いただきました!

 

「お疲れ様、私も早く会いたいよ。」

 

シュポッ

 

え、はやっ!なになに?

「ごめんね。帰ってくる日やっぱり会えないかな?ちょっとだけでも。

早く抱きしめたい。」

 

え!やば!抱きしめ…え!?

ちょっとラブラブすぎやしませんかーーー!!ねぇ神様ーー!!♡♡

 

(長っ!!)

 

いや、そんなことより、寂しさどこいった?笑

一瞬いましたよね?

目の前のシャボン玉にフォーカスしかけましたよね?

 

でも、このハピハピラブラブ状態ではシャボン玉もサラッとスルーできちゃうんですね。

 

シャボン玉を華麗にスルーするためには、このハピハピラブラブ状態に自分のマインドを置いておくことが大切です。

 

では実際に何をするのかって、

実は「寂しさを埋める」ためにしてた事と一緒です。

 

え!?

 

いや、一緒です。笑

 

具体的には、例えば仲良しのお友達とひたすらお喋りでも、大好きな海を見に行くでも、パワースポットに行くもよし、チーズケーキワンホールでも良し、恋愛漫画に映画でニヤニヤ、欲しいお洋服を見に行く、アイドルのコンサートでもなんでもいいです。

もちろん、彼や好きな芸能人イメージングもOK!(というよりむしろオススメ)

 

1つ、できればやってほしいのは、ネガティブなものは見ないことです。

 

とにかく幸せフォーカス。

映画はネットでハッピーエンドか確認してから見て下さい。笑

芸能人の不倫ニュースはチャンネルを変えて下さい。

お友達からの彼氏の愚痴は、「でもいいじゃない、好きな人とお付き合いできているなんて幸せよ?」と上手に耳を塞ぎましょう。

 

自分を幸せの中に置いてください。

ラブラブでポカポカあったかい世界に置いてあげてください。

 

1つ、注意点がございます。

これが「寂しさを埋める」ためにやってたことと一緒だけれど、ちょっと違う点です。

それは、「寂しさ」のシャボン玉に囲まれてしまってから、シャボン玉をつぶそう!とするためにやるのではないということ。

 

この「華麗にスルー!」は、予防策なのです。

つまり、うがいです。笑

 

のどが痛くなってきた…やっべ風邪かも…くらいのタイミングなら効くかもしれませんが、完全に風邪引いて熱でうなされてる時にやっても効果が薄いわけですね。

 

実際、寂しくて寂しくてたまらない時、もうイメージングも、友達とのおしゃべりも、何やっても楽しくない時ありませんか?

楽しい事に気持ちを向けたいのに、どう頑張っても寂しい方しか見れない時。

 

そんな時にやってもなかなか効果は出にくいです。

むしろ、わりと楽しめていて、不安定ながらもそこそこ充実している時に、より幸せに、ラブラブに、もっと充実させるイメージでやってみてくださいね。

 

 

 

シャボン玉を「指でピッピッ!」

 

次は、実際にシャボン玉を指でピッピッとつぶしちゃう方法です。

 

この方法は、先ほどの「華麗にスルー」でやったことと、ある意味真逆の方法をおすすめします。

 

「寂しさを発散」させるのです。

 

と言っても、ウジウジぐるぐる、彼に思いのたけを送信ピッ!

自滅!!!!!!

というのは防ぎたいので、彼に発散はやめましょう。笑

自分で発散しましょうね。笑

 

でも、重要なポイントは

我慢しないこと

溜め込まないこと

です。

 

例えば、「華麗にスルー」でおすすめしたような、恋愛映画を見る、お友達とおしゃべりをする、美味しいものを食べる…ということで発散できるのであればもちろんそれで良いです!

その方がポジティブな方に気持ちを切り替えていけるので断然おすすめではあります。

 

が!

上記のやり方でシャボン玉を「見ないふりしている」だけなのであれば、おすすめできません。

 

結局映画を見終わったら、一人になったら、またシャボン玉がじゃんじゃん見えてきてしまうわけですから。

 

シャボン玉はピッピッとつぶさないといけません。

寂しさは発散させて解消しないといけません。

 

泣きましょう。泣きたいならガンガン泣きましょう。

辛いね、寂しいねと我慢しなくていいよ、と自分に寄り添って泣いてください。

泣きたいけどそこまででも…ならいっそ泣ける映画を見ましょう。

 

そんな時は 彼とのイメージングもラブラブはお休み。

彼にイメージで抱きしめられながら、彼の胸の中で「あんな言い方いやだ!ほんとは友達と旅行いやだ!私だけに時間割いてよ!もっと好きって言ってよ!」と言ってみましょう。

そして、彼から「ごめんね、大好き、愛してる。これからもっとちゃんと考える。帰って来たらすぐに会おう?友達との旅行やめてもいいよ?」などなど、本当に言って欲しい事を言ってもらってください。

 

彼にも彼のプライベートを楽しんでもらいたいから…とかいう遠慮は一切しないでください(ここ重要)。

 

寂しすぎて怒りが湧いてきたら、ストリートファイターでもやりましょう(古)。

私異常かもしれん…とか思わずに紙にマジックでぐるぐるひたすら書きまくるとかでもいいです。

 

昔男友達が教えてくれたのですが、

彼はちょっと行き詰まったり、もどかしいことがあると、

道路の真ん中でうおーーーーー!!!っと叫んで周りをドン引きさせるというイメージをするそうなんです。笑

 

でも、彼はこれができるからか、とーっても穏やかで、怒りや悲しみがあまりない人でした。

彼にとってのネガティブの発散方法なんだと思います。

 

イメージでなら何をやっても大丈夫ですから、イメージの中でちょっとふざけたことや恥ずかしいことでもやって、発散になるならどんどんやりましょう。

イメージングしたから現実になるってわけでもありません。笑

不安な方は、「今から発散しまーす!現実化は不要でーす!」と宣言してからイメージしても良いと思います。

 

もちろん、お友達に愚痴を言っても良いです。

潜在意識をやっていると、パートナーの愚痴は良くない…とされていますよね?

でも私は良いと思っています。

大好きな人にだって腹が立つこともあります。

大好きな人といたって悲しくなる時はあります。

 

もっとこうしてほしかった。

本当はこんな風に言ってほしい。

 

自分の本当の気持ちに気づくきっかけになるなら、良いのではないでしょうか?

 

彼の愚痴は言っちゃだめだ、ネガティブワードを私自身が聞いてもっとネガティブになってしまう。

そう決めてしまえばそうなります。

 

でも、彼の愚痴は私の気持ちの整理のため、別にいつもいつもじゃないし、彼を罵ることは言わないし、スッキリして切り替えてデート楽しめるからいいの!

そう決めてしまえばそうなります。

 

人に言えないのであれば、ノートに書いても良いです。

 

何事も、さて今から「寂しさ」を解消するぞ!と決めてやることです。

 

そして、遠慮や、ネガティブを引き寄せたらどうしようの不安から、余計に内に溜め込んだり、我慢するのをやめることです。

 

怒っていいし、悲しんでいいんです。

それも私です。

「彼に愛され、彼を愛し、ラブラブな私」に湧いている感情です。

 

 

「寂しさ」と上手に付き合う

 

幸せでも、満たされていても「寂しさ」は湧いてくるとお伝えしました。

ただのシャボン玉です。

悪いものではありません。

 

「寂しい」という気持ちが全くなければ、どうなると思いますか?

 

きっと結婚なんてしません。

友達や家族なんていりません。

ペットとも出会っていません。

 

必ずしも寂しいから人と触れ合うのだ、と言いたいわけではないです。

寂しさからペットを飼うのも良いイメージではないかもしれないですね。

でも、「寂しい」という感情が湧く生き物だからこそ、人は、誰かと手を取り合った生き方を今まで選んできたのではないかなと私は思います。

 

それだけ、「寂しい」という感情は愛おしいものです。

嫌ってのけものにする必要はありません。

 

普段から目の前にシャボン玉が通り過ぎていってもあまり気にせず、

どうしても気になるときは「あら、こんにちは」と指でピッピッとつついて

上手にお付き合いしていきましょう。

 

これができるようになれば、自分の「寂しさ」に囚われることが減り、

パートナーの「寂しさ」に気づく事ができるようになります。

 

パートナーはきっと寂しさの解消方法を知りません。

内に溜め込んで本当は苦しんでいるかもしれません。

(ものすごい人生達観して生きてる人だったらわかりません、すみません。笑)

そんなパートナーに寄り添って一緒に寂しさを解消できるようになれば、

相手も安心。

私も安心。

穏やかな関係を築けそうですね( *´艸`)

 

まずはご自身の「寂しさ」と上手にお付き合いしてみてくださいね。

 

 

 

それではみなさまViel Spass!!