Miracles Happen

~最高の人生を送る方法~

アファと「なる」を同時にやったら混乱した時のハナシ

ツイッターのタイムラインを見ていると、自粛生活を満喫されている方が多いですね(*´ω`*)

 

そろそろお外で思いっきり人と交流したい気持ちも湧きつつ、

あともう少しだと思うので皆さま乗り切りましょう!

 

今日は、過去にありとあらゆるメソッドをやりまくっていた私が、

ある日ドーンと壁にぶつかって混乱した話です。笑

 

カフェオレでも飲みながらさらりと読んでみてください('ω')

 

 

 

 

アファと「なる」を同時にする時のジレンマ

 

私は昔、真剣に1000本アファ!!と決めて

 

通勤時間や休憩時間やトイレの間もお風呂の間もブツブツブツブツ。

公共の場ではさすがに怖い人なので頭の中でだけひたすらブツブツ。

 

とにかくアファをしまくって脳内書き換えてやろう!と、

真剣にアファに取り組んでいた時が何度かあります。

 

この頃は、結婚を見据えた出会いを求めている時期だったので、

具体的には「私は溺愛してくれる夫がいる」とか「私は結婚して子供たちと楽しく過ごしている」とかそういう内容です。

 

そして、他にもできることがあればやりたい、

潜在意識についてもっと腑に落としてしっかり使いたいと、

先人さんたちのブログや、潜在意識の2ちゃんねるのまとめなどを読み漁っていました。

 

その中で見つけた「なる」というメソッドを理解し始め、

自分なりにやっていたなりきりイメージング過去記事:「なりきり」をご参照下さい)から「なる」に進化して実践しようとしていた時です。

 

え!どうゆうこと!?全然ワッカラーーーーン!!!

 

という混乱が起きました。

 

 

アファをしている時の自分の立ち位置

 

アファをしている時って、叶えたい事柄があって、

それを「叶っている状態だよ」「もう私なってるよ」と自分に刷り込ませたり、

「私にはできるよ」「私も変われるよ」と自分に教え込んだりしてる時ですよね。

 

実際に、私の場合で見てみましょうか(*´з`)

 

「私は大好きな人に溺愛されて結婚して幸せに暮らしている」

 

なんとまぁ欲張りで長いアファだこと。笑

いいんです、いいんです。

自分が安心する、納得する言葉を使うのがアファメーションですから。

長かろうが短かろうが、関西弁だろうが英語だろうが。

しっくりくるのを使ってください。

 

さて、このアファメーションする時ってどんな時でしょう。

 

それは、まだ「大好きな人に溺愛されて結婚して幸せに暮らしていない時」

ではないですか?

 

私は実際そうでした。

特に「よーし!1000本やるぞ!」と決めて取り掛かってる時は、

最も不安が大きい時でした。

 

私はこのまま結婚できないのかな。

妥協しなきゃだめなのかな。

もう一度好きな人できるのかな。

その人と死ぬほどラブラブな両想いになんてなれるのかな。

 

これらの湧いてきた不安を打ち消すため、1000本アファじゃい!

私の脳よ!認識よ、変われ!

 

と、脳が「私はもう大好きな人に溺愛されて結婚して幸せに暮らしてるんだ」と勘違いして思い込むほど、認識変更を叩き込ませようとしていました。

 

でも、よーく見てみると、

このアファをしている時の私の立ち位置は

「まだ変わっていない私」

「まだ叶っていない私」です。

 

つまり、今アファをしているということは、私は「叶っていない」ってことやん…。

と、気づいてしまったんですね。

 

いやいや、もっかいよく考えてみよう。

 

私がすでにもう大好きな人に溺愛されて結婚して幸せに暮らしてるとする。

そんな私はアファで「大好きな人に溺愛されて…」ってぶつぶつやるのか?

 

や、やらない!!笑

 

やっぱりやらないよーー!!笑

 

アファしてる私は、叶ってない立ち位置に今いるじゃん!!!!

 

私がこのことに気付いたのは、「なる」を理解し始めていたからです。

次は「なる」をしている時の立ち位置を見てみましょう。

 

 

「なる」をしている時の自分の立ち位置

 

「なる」は文字通り「なる」のです。

叶った私に「なる」。

 

この「なる」の難しいところは、私は「なった(叶った)」と決めたら、

その後叶っていない現実の粗探しをしたり、叶っていない方の証拠を見つけようとせず、「もうなったんだ」と安心して過ごすところです。

 

つまり、「叶ってない、全然叶ってない!!!いつ叶うの?あれがだめなの?これがブロックなの?」という叶ってない執着を手放し、願望を忘れ普通に生活するのです。

 

この「なる」ですが、

一度やり始めると非常に楽でした。

なぜなら、「叶ってない、苦しい」状態から抜け出せるからです。

 

やばい、このままじゃやばい。

出会いがない。

ほんとに好きな人できるのか…両想いとか大丈夫か…

 

と悩み始めたら、

「落ち着け、私は今からなる。私は大好きな人に溺愛されて結婚して幸せに暮らしている私に、なる。」

 

「なった!!!」

 

よし、なったからもう大丈夫、私は今「大好きな人に溺愛されて結婚した私」だ。

何も心配することはない。叶ったんだから。

 

今この部屋は実家?

うん、でも私はもうなったんだから気にしない。

そんなこと気にしない。

私はもうなったの。

なった後の世界なの。

 

よし!寝る!!笑

 

みたいな感じです。笑

 

現実と「なった私」の整合性がとれなくても、その原因は一切探らない。

フル無視です。

 

この原因を一切探らない、現実無視というのが難しいのはわかります。

私も最初は大変でした。

 

でも、できるようになってくると(最初は3時間とか、半日とかそのくらいです)

目の前のことに集中できるようになってきます。

 

いつもいつも願望で頭いっぱいではなく、目の前のことが楽しめるようになります。

 

とまぁ「なる」の説明はこれくらいにして、、

 

この「なる」なんですが、「なる!」と決める瞬間まではアファと同様

「なっていない立ち位置」「叶っていない立ち位置」です。

 

しかし、「なる!」と決めた直後はどうでしょうか。

 

現実はおいといて、私自身はもう「なった立ち位置」にいます

よね。

 

私はこの「なる」をするようになってから、

自分が叶った立ち位置にいるか、叶っていない立ち位置にいるかを

よく観察するようになりました。

 

 

アファをしながら「なる」をしたら混乱!

 

私は基本はアファをしまくり、時々「なる!」と決めて過ごし…

をこの頃続けていました。

 

通勤時間や隙間時間を見つけてはアファし、

時間が無い時や、お客様のエステに入って集中する直前に「なる!」をする。

(こうすると、現実の間違い探しをする時間が自然に取れないからです。)

 

ある日、お店の閉店作業をする前に、

「私は大好きな人に溺愛されて結婚した人妻に今からなる!なった!」と決めました。

そして閉店作業に集中し、帰りの電車に乗った後、

 

さーて恒例のアファをしますか!と思い一瞬固まりました。

 

「マテマテマテ!!私もうなったんだよね。アファする必要ないよね。」

 

そして、その直後

 

「いやマテマテマテ!!アファしなきゃって思っちゃった時点で私もう叶ってない立ち位置に戻っちゃった?

 

と思い直します。(そんなこと思わんでいいのに)

 

「よく考えてみよう。アファしなきゃって思ったってことは、叶ってないかもだけど、アファする必要ないよねって思ったってことは、叶ってる状態だ。

いや、よくわからん、私は今結局どっち?」

 

どっちでもいいねん、もう1回「なれ」ば。笑

と、今の私なら言えますが、その時は物凄く混乱しました。

 

それ以降アファをしようと思っても、アファをすること自体が

「私はまだ叶っていない」という認識を強めてしまいそうで、

できなくなってしまいました。

 

 

メソッドは自分の状態で使い分ける

 

メソッドは、よく「自分に合うものを使おう」とか「自分なりにアレンジしたりして使いやすいものを」と言いますよね。

 

私もそう思っています。

 

私は、さらにもう一つ、

その時の自分のメンタルでメソッドを使い分ける

のも良いかなと思います。

 

コツは「やると決めたぜ!」とメソッドを選択したものの、

それを

投げ出したり、今は無理だぜ!とやめたりすることを良くないのでは?

と、思わないことです。

 

今合わないならやめましょう。

 

必要な時に必要なメソッドを色々やってみましょう。

 

私は、アファと「なる」を同時に進めるのは難しいと気づいた時、

アファはお休みしました。

 

しかし、女性は特に月に1回ホルモンにより、メンタルを上手にコントロールできない時期がありますよね。

 

私もこの時期に、「なる」では到底たちうちできないほどネガティブ波が押し寄せ、

 

やっぱり私には無理だー!!!

叶ってないーー!!

実家暮らしの売れ残りアラサーーーーー!

 

と無事に、現実ガン見星人になりました。笑

 

そして、再び1000本アファで気を紛らわすことに。

すると、この時はアファの方が落ち着くのです。

 

今、私は認識を変えようとしているんだ!

という「自分が望む未来をきちんと見ようとしている」という事実だけでも

売れ残りアラサーー!!と認識してしまうよりは、良いなと思いました。笑

 

メソッドの使い方や、使うタイミングなんて人それぞれです。

自分がやりたいようにやれば良いのです。

(人がどうやってるかなんて気にしなくていいです。)

 

大事なのは、「望むものに焦点を合わせているか」

それだけです。

 

「なる」のように叶っている私にすでになっていると認識してしまうのは、

願望を叶えるのに近道のように感じるかもしれません。

 

でもできないならしなくていいんです。

 

あれやこれやとメソッドをやった方が安心するかもしれません。

でも、「メソッドやってる私って叶ってないってことだよね…」と思うことがあるなら、メソッドはお休みしましょう。

 

何かやってないと不安…なら、

どのメソッドなら自分が叶った立ち位置でいられるかを考えて、

選んでみるのはいかがでしょうか。

 

私は、自分で一番なりきりイメージングがやりやすいと思っていましたが、「なる」が楽な時も増えました。

とはいえ、自分が叶ったイメージにしっかり浸るにはなりきりイメージングの方が合いますし、何よりやっていて楽しいです。

 

どうにもこうにも不安が押し寄せて止まない時は、アファで戦う時もあります。

 

 

大切なのは何があっても、どんな時でも「望むものを見る」です。

 

目の前の現実が望んでいないものなら、

 

「なんで今私はこれしか持ってないの?」

「やっぱり私のいる世界はここなんだ」という、

 

”望んでいないものをもっている自分”を認識しようとする行動ではなく、

望むものの方を見ようとしてくださいね。

 

 

それではみなさま、Viel Spass♡